So-net無料ブログ作成

腰痛でノックダウン 5 [健康]

入院生活ですが、始まりはこんな感じでした

担架の上に乗せられた私を前にしてこんなやり取りが始まったのです

ベテラン看護婦 「ねえ、やってみる?」
新人(研修生?)「え!いいんですか?」

ベテラン看護婦 「いいよいいよ!やってみなよ」
新人(研修生)「は、はい、じゃ、じゃぁやってみます」

・・とココで研修生らしき男の子が汗だく(空調の効いている診察室で、です)になった顔をこちらに向けて
「す、すみません 血を採らせてもらっていいですか?」と聞いてきた

横たわる私は断るすべを知らず「あ、いいですよ」と答えるのがやっとでした

ベテラン看護婦 「ほら、しっかりして!頑張って!」(頑張ってるのはオレじゃないのか??)
新人(研修生)「しつれいします」声が震えてるのよ!!

汗でべとべとの手で消毒されて針を刺されました(痛い[どんっ(衝撃)]) 

「あ、すみません」って言って針を刺しなおしている[ふらふら]
(1回くらい仕方ないな)と思いながら口では「いいですよ、大丈夫」と答えてました

横ではベテラン看護婦さんが「ほら!ソコじゃないでしょ あぁーーあ、見てられないなぁ」って・・・

ふざけんな!って思いながらそのまま新人君が続けます

今度は上手く刺さったみたいで針からつながっているチューブの先に試験管を繋いで採血していきます

1本目、2本目が終わるころ腕に刺さっていた針が・・抜けちゃった[ふらふら] 
(あ~にしてんだよ[むかっ(怒り)]

新人君はまた「す、すみません。。も、もう一回いいですか?」って聞いてくる
ベテランさんはただ見てるだけ 「あーあー、も~うおー」だって ナンダソレ

もう一度ベタベタの手で腕をさすられ針を刺されて採血が続けられ、最後にその新人君に

「あ、ありがとうございました」てお礼言われちゃいました[がく~(落胆した顔)]


診察ではレントゲン写真を見た部長先生が「ヘルニアではないなぁ~、たぶん関節の炎症だろうけどなぁ 明日MRI撮って見てからだな」とのこと

少しの安心と大きな不安を感じながらの入院生活が始まりました





2011-07-24 21:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。